海辺の金魚
海辺の金魚 海辺の金魚 海辺の金魚 海辺の金魚 海辺の金魚
海辺の金魚

TWITTER

MORE
映倫

キャスト&スタッフ

CAST

主演 小川未祐

主演

小川未祐MIYU OGAWA

2001年3月25日生まれ。東京都出身。
主な出演作品に『よこがお』(2019年/深田晃司)、
『脳天パラダイス』(2020/山本政志)などがある。

COMMENT

家族や友達、恋人など、大事な人のことを想うと、理由もなく涙が出てくることがあるが、そこにはきっと、なんの見返りも求めない無償の愛が存在しているからだと思う。それと同じような想いを、この映画に感じています。あの夏に生きていた、小さな逞しい、いのちの光たちが、皆さんのもとに届けられることを心から嬉しく思います。

STAFF

監督・脚本・編集 小川紗良

監督・脚本・編集

小川紗良SARA OGAWA

1996年東京生まれ。
デビュー後、映画『イノセント15』(2016年)で初出演。
2019年にはNHK連続テレビ小説『まんぷく』に主人公夫婦の長女・立花幸役として出演。2020年11月に本広克行監督の映画『ビューティフルドリーマー』では主演をつとめ更なる飛躍を目指している。映像作家としては自主製作の3作品全てが映画祭で入選を果たすなど監督としても高い評価を受けている。本作はそんな小川紗良の商業長編映画デビュー作品。

COMMENT

初めての長編映画を撮りました。『海辺の金魚』というタイトルです。金魚は海では生きられません。観賞魚として退化したからです。それでも、私はもう一度海へ連れ出したいと思ったのです。映画の主人公が、私が、そしてあなたが、自分自身の人生を歩みだせるようにと祈りを込めて。そこに在るだけで説得力のある瞳を持っている、主演の小川未祐さん。人物の心の機微をそのまま捉えてくださった、カメラマンの山崎裕さん。私自身のルーツでもある鹿児島県阿久根市の自然と人々。未熟者の私には贅沢すぎるほどの人に恵まれた夏を、生涯忘れないでしょう。映画を作る最後の人は、観てくださる皆さまです。どうかスクリーンで見届けてください。

スチール 川島小鳥

スチール

川島小鳥KOTORI KAWASHIMA

写真家。1980年生まれ。早稲田大学第一文学部仏文科卒業後、沼田元氣氏に師事。
写真集に『BABY BABY』(2007)、『未来ちゃん』(2011)、『明星』(2014)、谷川俊太郎との共著『おやすみ神たち』(2014)、『ファーストアルバム』(2016)、台南ガイドブック『愛の台南』(2017)。
第42回講談社出版文化賞写真賞、第40回木村伊兵衛写真賞を受賞。

COMMENT

小川監督とは数年前に被写体として出会いました。今回、監督の元でスチールカメラマンとして参加させてもらって、監督の真剣な眼差し、キャスト、スタッフの方たちとの現場での真摯なやりとりを見れたことは何事にも変えられない体験でした。
小川さんにしか撮れない、交換不可能な世界をこれからも見せてもらいたいです。

阿久根市観光サイト